会則・規定

目次

会則

1. 名 称:本会は日本ロマンス語学会(Societas Japonica Studiorum Romanicorum)と称する。

2. 目 的:本会は、ロマンス語に関する言語学・文献学・文学の研究を行う者相互の連携を図り、わが国におけるロマンス語学の発展と普及に寄与することを目的とする。

3. 事 業:前条の目的を達成するため、本会は次の事業を行う。
      a. 大会・研究会・講演会の開催 b.学会誌の刊行 c.その他

4. 会 員:本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納入するものは会員となることができる。会員には普通会員と賛助会員とがある。会員は学会誌に投稿し、本会の主催する諸種の会合に出席し、また学会誌の配布を受けることができる。

5. 会 費:普通会員は年額5,000円、賛助会員は年額10,000円を会費として、毎年の会計年度内に納入するものとする。

6. 財 務:本会の事業を行うために必要な経費は、会費および寄附金などによってまかなう。会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

7.  運 営:本会の運営に当たるため、若干名の理事からなる理事会を設ける。理事は総会で選出する。理事の任期は2年とし、再任を妨げない。
  理事のうち1名を会長とし、他の1名を副会長とする。会長は本会を代表し、理事会を招集する。副会長は会長を補佐する。会長と副会長は理事の互選による。

8.  理事会:理事会は理事が分担して次の実務を行う。
      a.庶務  b.集会の世話  c.編集  d.会計  e.広報 f. その他
  理事会は理事を含む若干名の編集委員からなる編集委員会を設け、学会誌に掲載される論文他の審査および編集に当らせる。編集委員のうち1名を編集委員長とする。編集委員長は編集委員の互選による。
  理事会は次期の理事選出のための選挙委員会を設ける。

9. 本部事務局:本会に本部事務局を置き、本部事務局に本会の実務を統括する事務局長を置く。事務局長は理事の互選による。

10. 総 会:総会は本会の最高議決機関であり、会長が年に1回これを招集する。理事会は総会においてその年度の事業および会計の報告を行い、次年度の事業計画と予算案を提出して会員の承認を得ることとする。

11. 監 査:会計監査を行うため、監査1名を理事以外の会員から選ぶこととする。監査は総会で選出する。監査の任期は1年とし、再任を妨げない。ただし、連続して3選はできないものとする。

12. 変 更:本会則の変更は、理事会の議を経て総会の議決による。

13. 附 則:本部事務局は、2009年4月1日より東京外国語大学総合国際学研究院黒澤直俊研究室内に置く。

2010年5月22日改正

先頭に戻る

『ロマンス語研究』投稿規定及び執筆要項

1. 各年度の大会において口頭発表を行った本会会員は、その内容を原稿にまとめ、次期発行の会誌に「論文」または「研究ノート」として投稿することができる。また、上記以外に「書評」の自由投稿も認める。なお「研究ノート」は、研究・調査の中間報告、独創的な着想の提示などに充てるものとする。

2. 原稿は未公刊のものに限る。また他誌との二重投稿は認めない。

3. 原稿本文の使用言語は日本語またはロマンス語とする。引用、資料等で日本語、ロマンス語、英語以外の言語を使用する場合は、本文使用の言語による訳語・訳文を併記する。

4.執筆者はA4判の用紙にワープロで印刷した原稿3部を9月末日までに本部事務局宛に送付すること(当日の消印有効)。なお、投稿原稿の種別(「論文」、「研究ノート」、「書評」)を明示したメモを同封しておくこと。

5. 原稿作成に当たっては以下の条件に留意すること。

 1) 表題、執筆者氏名、本文、註、参考文献の順序で書く。またレジュメ(下記、7)参照)は別紙に書く。
 2) 表題は本文使用の言語で書き、16〜14ポイントの大きさにする。
 3) 執筆者の氏名は本文が日本語の場合は日本字、ロマンス語の場合は欧字で書く。
  (例) (日本字)        (欧字)
     山田一夫       Kazuo YAMADA    (または  YAMADA Kazuo )
 4) 書体は原則として、日本語の場合は明朝体、ロマンス語の場合はTimes体とし、文字サイズは両語とも10ポイント程度とする。また左右のマージンは25ミリ程度、上下のマージンは30ミリ程度あけること。
 5) 日本語原稿の場合は1行当たり40〜45字(欧文半角文字を含む場合は、その部分のみ2倍の字数)、1ページ当たり30〜32行とし、註等を含めた総ページ数の上限は、「論文」については10ページ、「研究ノート」については6ページとする。また、「書評」のページ数は2〜4ページとする。なお、ロマンス語原稿の場合、1行当たりの欧文半角文字数80字を目安とし、その他の条件は日本語原稿の場合に準ずる。
 6) 註は後註とし、本文中の句読点の右肩に通し番号を付け、対応する註記を論文末尾にまとめて一括表記する。
  (例) …であるが、1)   …である。2)   …est, 1)   …est. 2)
 7) 「論文」、「研究ノート」にはレジュメを添える。レジュメは表題、執筆者氏名、レジュメ本文の順序で書く。「論文」「研究ノート」本体が日本語の場合はロマンス語を、同本体がロマンス語の場合は日本語を使用し、1行の字数を「論文」、「研究ノート」本体と同じにして、10行程度に収める。なお、上記5)に規定する制限字数の中にレジュメは含まない。
 8) 原稿に鉛筆書きでページ数を付ける。レジュメは最後尾のページとする。

6. 上記1〜5の規定を守らない原稿は受理しないことがある。不受理の場合は執筆者に通知する。

7. 原稿の採否は編集委員会が委嘱する査読委員による査読結果を踏まえて、編集委員会が決定する。不採用の場合は執筆者に通知する。なお、採用予定の原稿でも不備な箇所等の書き直しを編集委員会が指示することがある。

8. 提出された原稿が最終的に確定原稿として認められた旨の通知があった場合、執筆者は確定原稿の電子データを本部事務局宛に送付する。

9. 掲載された「論文」、「研究ノート」、「書評」の執筆者には本誌を5部贈呈する。

10. 掲載された論文等に関して、その執筆者は電子化して公開・公衆送信する非独占的な権利を学会に対して許諾するものとする。

11. 本規定及び要項の解釈は編集委員会が行う。

12. 本規定及び要項の制定及び改廃は編集委員会が行い、理事会の承認を得る。

2012年5月19日 改正

先頭に戻る

URL:http://sjsrom.ec-net.jp/kitei.html
2010-05-24
日本ロマンス語学会
All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 2003-2012
Societas Japonica Studiorum Romanicorum