概要

概要と沿革

日本ロマンス語学会はロマンス語に関する言語学・文献学・文学の研究を行う者 相互の連携を図り、わが国におけるロマンス語学の発展と普及に寄与することを 目的とする学会です。

ロマンス語とは、古代ローマ帝国の公用語であったラテン語から派生した言語の 総称のことです。これには、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、 イタリア語、ルーマニア語などが含まれます。1960年代、日本におけるこれらの 言語研究のほとんどが個別の実用語学の域を脱しておらず、ロマンス諸語間の 比較対照研究や歴史的研究が困難な状況でした。そこで、これらの研究を効率良く 推進していくために、1967年4月、小林英夫が中心となり、岸本通夫・新村猛・ 島岡茂ほか著名な学者の協力を得て、「日本ロマンス語研究会」が結成され、 機関誌『ロマンス語研究』創刊号が刊行されました。その後会員数も次第に増え、 1969年6月の第4回大会において、「日本ロマンス語学会」が発足することとなり、 小林英夫が初代会長に選出されました。

大会は年2回のこともありましたが、最近は年1回5月頃に、会場は首都圏と そのほかの地域を交互に、開催されています。大会での発表は、前年度の総会で 決定する「統一テーマ」のものと「自由テーマ」のものに大別され、 ロマンス語に関わる国際学会の情報も提供されています。

役員

(2017年5月〜、五十音順)
会長福嶌教隆
副会長後藤斉
理事市之瀬敦、今田良信、上野貴史、川上茂信、黒澤直俊(事務局長)、後藤斉(Web広報担当)、鈴木信五、アルダ・ナンニーニ、福嶌教隆、藤田健、町田健、山村ひろみ
編集委員市之瀬敦、黒澤直俊、後藤斉、富盛伸夫、長神悟、福嶌教隆、藤田健、町田健、山村ひろみ(編集委員長)
監事結城健太郎

URL:http://sjsrom.ec-net.jp/gaiyou.html
2017-05-22
日本ロマンス語学会
All Rights Reserved. COPYRIGHT(C) 2003-2017
Societas Japonica Studiorum Romanicorum